Translate

2017年12月1日金曜日

ミニミニFANTANIMA!

ミニミニFANTANIMA!

12月3日 「ドールワールドリミテッド&ネイチャーアニマルワンダーランド」
チーム・コヤーラのブースにお邪魔します! 
ブースNoは「H7」。
http://dwf.d.dooo.jp/dwl/l_index.html 

ダビデンコのブローチ、FANTANIMA!でおなじみの作家作品、ロシアで直接買い付けたソ連時代の貴重なバッジなど販売いたします。


※この写真のダビデンコのブローチは、お一人1点とさせて頂きます。
 ご希望の方は12時から12時20分までクジを配布いたします。抽選発表は12時30分に行います。


どうぞよろしくお願いいたします。

2017年11月2日木曜日

URSA MINOR 結果発表

URSA MAJORコンテストに伴う部門賞 URSA MINORの結果が届きました。
各部門賞受賞作品をこちらでご紹介いたします。

1 白黒映画部門  
ジャンナ・アルキポヴァ「チャーリー・チャップリン」


2.ミュージカルの部
エカテリナ・フィリポヴァ「オペラ座の怪人」

3.歴史映画の部 該当作品なし

4.ウェスタン映画の部
カシナ・エヴゲニナ「ヴアレリー・フォックス夫人」




5 ソヴィエト映画の部
ヴォロパエヴァ・オルガ「キン・ザ・ザ」  ※大賞受賞作品




6.フィクション映画の部
タチアナ・ベロシュクルスカヤ 「ホビット」

7.子供むけ映画の部

バラヴァノヴァ・ナデージュダ「キャプテン・シルバー」 ※FANTANIMA!賞

 







FANTANIMA!賞 (URSA MAJOR賞)

ロシアの「人形とベア展」のURSA MAJORのオンラインコンテストの審査を担当させて頂きました。
FANTANIMA!賞は、FANTANIMA!に今年から出品して頂いているバラバノヴァ・ナデージュダさんの「キャプテン・シルバー」(宝島’より)となりました。

彼女の得意の目の表現と技術力がテーマを得て存分に発揮されたと思います。
日本からも応募がありました。私の分かる範囲でも何人かいらっしゃいましたが、海外向けの案内の発表から〆切までの時間が短すぎたためだと思いますが、募集テーマの「映画」に沿った制作が間に合わなかったのだと思います。映画の「イメージ」で応募された作品が多いようでした。一般の多くの応募作品は、どの映画のどのシーン、どの人物をモチーフにしているなど、素材にした写真もつけてアピールしていました。(それは応募必須素材ではなく、参考画像としてです。審査員もすべての映画を知っているわけではないから、そういう状況への配慮と思われます。

「映画」というような具体的なテーマがある場合は、自分がどの素材をどう料理したか、その経緯と成果をが見えるような作品が良いと思います。

大賞を受賞したのは日本でも一部マニアの間で大人気の「キン・ザ・ザ」をモチーフにした作品です。
私も大好きな映画で、この作者のユーモアと技術力を感じました。
しかしこれは旧作で(最近5年以内はOK)、複数作品での組作品ということで少々味が薄まっているように感じたので、私のなかでは次点の評価でした。
各部門の受賞はオンラインで公表されていないようなので、主催者に問い合わせ中です。
来年度も開催予定とのこと。募集とテーマの発表を海外に対してももっと早くするようにお願いしました。主催者もこれを了解、約束してくれしました。(文・羽関)

バラバノヴァ・ナデージュダ「キャプテン・シルバー」 FANTANIMA!賞


オルガ・ボロパエヴァ「キン・ザ・ザ」 URSA MAJOR賞(上)
映画「キン・ザ・ザ」1986年ソ連映画 監督ゲオルギー・ダネリヤ (下)

2017年9月27日水曜日

コンテスト(ロシア)応募者募集!10月10日迄

オンラインコンテスト
URSA MAJOR(the Great Bear)賞募集
公式website
http://mishkaskukloyu.ru
〆切10月10日まで!!(応募画像は10月15日)

ロシアのウラル州で10月28日・29日に開催される「MISHIKA S KUKLOYU(熊と人形)」展で、動物作品のコンテストを行います。主催者はFANTANIMA!とも縁が深く、日本からの応募をお待ちしています。
応募・審査はインターネットで画像審査によって行われるので、世界中から応募ができます。
5年以内の作品でテーマに合う作品があれば、挑戦されてはいかがでしょうか?

【英語の募集案内】
http://mishkaskukloyu.ru/online-contest-for-theursa-majorgreat-bear/

【コンテストテーマ】 「シネマテーク」
映画にまつわる作品を、部門別に募集しています。

1.白黒映画
2.ミュージカル
3.歴史映画
4.ウェスタン
5.ソヴィエトの映画
6.フィクション
7.子供の映画

【各部門の説明】

1.白黒映画:クラシックなテディベアであること
2.ミュージカル、3.歴史映画、4.ウェスタン、5.ソヴィエトの映画、6.フィクション、7.子供の映画
1以外の部門は可動部分のある動物作品であれば、素材や技法を問いません。(ただし、作品条件を必ずご覧下さい。)

【審査のポイント】
・イメージの表現力、造形的な処理
・オリジナリティ、技術力
・色の処理やアクセサリーの調和

【応募作品の条件】
・動物作品であること
・作品本体に5箇所の可動部分があること。翼や耳、尾などを稼働にするのであれば5箇所以内に留めること。
・組作品もOK、それらは1点と数えられます。
・一部門に応募できるのは1点のみ
・最近5年以内制作の作品であること

◎申し込み方法
【応募書類】特に書式はありません。下記アドレスに
お名前、希望部門をお伝えになり、申し込みをしてください。
 mishkaskukloyu@mail.ru
申し込みを受け付けたら、主催者より応募料の請求が来ます。送金方法はその請求に従ってください。
【応募料と〆切】 1部門につき20ドル 10月10日までに送金 PayPal送金可
【応募画像〆切】審査は画像審査のみです。
画像データを10月15日まで mishkaskukloyu@mail.ruにお送り下さい。
画像データにつける本文には以下の内容を明記してくdさい。
    ・コンテストの応募部門
    ・応募者名 フルネームで
    ・作品タイトル
    ・作品の説明(素材とサイズ)   
【提出画像について】
鮮明、シャープでよく照明があたっている写真を4つのアングルで提出してください。
1.    顔全体
2.    側面
3.    背面
4.    斜め角度(3/4ビュー)
【賞】
・URSA MINOR(小熊)賞 各部門から1名ずつ 7名受賞
・URSA MAJOR(大熊)賞 小熊賞受賞者から1名
応募者には全員「テディドールのための手と靴の造形の制作ビデオ」が授与されます。
・特別賞 テディベアトータル賞    セバスチャン・マーグァード氏(ドイツ)より
    2018年テディベアトータル 出展テーブルを提供
・特別賞 FANTANIMA!賞
    羽関チエコより
    2018年FANTANIMA! 出品ご招待

【審査員】
ヴラソヴァ・ヴェラ(作家・ロシア)
マリア&スヴェトラナ・ザブロツキー(作家・ロシア)
アレナ・ジレンキナ(作家・ロシア)
マリナ・ドログッシュ(美術家・チェコ)
セバスチャン・マーグァード氏(テディベアトータル主催・ドイツ)
羽関チエコ(FANTANIMA!主催・日本)

【審査発表】
2017年10月28日

【問い合わせ】(英語OK、日本語はできません)
mishkukukloyu@mail.ru



2017年5月6日土曜日

マヤ・ホフロヴァWS ラストチャンス!

 マヤ・ホフロヴァさんのワークショップ
あと2日間のみとなりました。
 
残席状況です。

5月7日(日)
午前 コルク蓋のブローチ あと4名
午後 綿の動物人形 あと1名

5月8日( 月)
午前 コルク蓋のブローチ あと3名
(午後 綿の動物人形 満席となりました。)

内容はこちらをご覧下さい。
http://fantanima.blogspot.jp/2017/03/wsws.html

2017年5月3日水曜日

主催者からの御礼とお知らせ

FANTANIMA!ファンの皆様へ

本日、FANTANIMA!東京展、無事に初日を迎えることができました。
朝早くから購入整理券のためにお待ち頂いたお客さま、長い時間お待たせして申し訳ありませんでした。
お陰様で大変ご好評を頂き、スタッフ一同心から感謝しております。
どうもありがとうございます!!

今年はさらに出品者、作品の数も増え、カタログも増ページに取り組んだため準備事前が例年より忙しくなり、諸々のお知らせが追いつかず、多くの皆様にご心配、ご不便をおかけして申し訳ありません。
また、会場も例年にない反響でお電話での対応が遅れましたことをお詫び申し上げます。

クラウドファンディングで制作できましたカタログも本日、無事に東京会場と大阪会場となるアラビクに納品されました。
諸々ご報告が滞っておりますが、クラウドファンディングのアップロード記事や配送に関する御連絡も、4日以降の取り組みとなります。
お待たせしている皆様には申し訳ありませんが、今しばらくおまちください。

なお、多くのお問い合わせを頂いております東京展の電話でのご購入受付は、4日午前9時から、東京会場の丸善丸の内本店代表電話、ファンタニマ係で承ります。

今日はこれから、楽しいオープニングが始まります!
ロシアからのマヤさんも来日、ワークショップは、5月4日の「綿の動物人形」はあと、お一人様となりました。可愛いコルクの人形ブローチはまだ空きがございます。
たかねたかのりさんのワークショップもまだ、まだお受け付けできます。

一年に一度のFANTANIMA!の祝祭。
どうぞあなたのファニマを探しにいらしてください!
東京の一週間、スタッフ一同頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。







2017年4月13日木曜日

2017出品作家のご案内

大変お待たせしました!

2017年度出品作家の一覧を下記Facebookにてご覧頂けます。
(Facebookアカウントをお持ちでない方もご覧頂けます。)



参考作品も若干含まれますが、ほとんどが東京か大阪会場でご覧頂ける作品です。
この他にも素晴らしい作品が紹介しきれずにおります。
ぜひとも、会場にお出向き頂きますよう、よろしくお願いいたします!

↓東京展DM画像 ↓